【第6回】不動産投資の始め方。セミナーと投資で一番重要なこと

ストレージ大家ひらアイキャッチ画像

みなさまこんにちは!

ストレージ大家ひらです

第6回目のコラムは、第5回に引き続き、

不動産投資の始め方

について書いていきたいと思います。
前回は書籍を読むことを書きましたが、今回は

書籍を読む以外の不動産投資の始め方

についてご紹介と私の考えを書きたいと思います。

書籍は勉強のベースです

書籍を読むことは全てのベースになります。
まず用語の勉強から始まり、様々なスタイルを知り、知識によって選択肢を広げていきます。
どのような不動産投資の勉強をするにしても、書籍を読むのはベースになります。
常に新書には目を通している位で丁度良い重要性があります。
仮にそこから学ぶものが無かったとしてもです。
反面教師には絶対になります。

書籍以外の始め方5点

では、いよいよ書籍以外の始め方ですが、

1.セミナーを受ける
2.勉強会に参加する
3.大家の会に参加する
4.誰かに師事する(メンター)
5.不動産投資の学校系に通う

などがあります。

私の勉強の失敗点

私の中で1つ失敗したなと思ったのは大家仲間を初めから作らなかったことです。
これは1棟目の投資をする前に絶対にやっておいた方が良いです。

実はこういう人は私以外でもとても多いです。
大家を初めて何年かは一人でやっていた、という方です。
群れるのが嫌いという方も実に多いです(笑)。
ただ良いことでは決してありません。
不動産投資には社交性も必要ですから、どうしても譲れないポリシーでないのなら、
いやあったとしても、仲間を作ってから始めて下さい。
これはとても投資にとって重要なことです。

仲間を作ることが1棟目の罠を回避するのに最適です

不動産投資には1棟目は2度と買わないものを買ってしまうという

1棟目の罠

というものが存在します。
1棟目の罠についてはまた別途扱いますが。
投資仲間の存在こそ、この一棟目の罠の最適な回避方法で、
むしろ一人でやろうとするからこそ、一棟目の罠にかかるとも言えます。

セミナーの問題点

セミナー自体の善し悪しは、実は大変難しい点があります。
というのは、無料であるには理由があったり、
セミナーばかりしている講師にも相応の問題があったりするからです。
不動産物件に掘り出し物が少ないように、
特に無料セミナーでは良いものは少ないと思って下さい。
ただし書籍と同じでノウハウを抽出するだけと割り切ればまた違ってきます。

無料セミナーは無料である経済の流れを意識する

無料セミナーは多くの方がまず行くだろうと思います。
ただ世の中にはタダほど怖い物がないということわざもあります。
無料ということは誰かがお金を負担しているということです。
負担しているということはそこから利益を生む流れがあると考えるべきです。
その流れが善良なのであるのならもちろん問題はありません。

初心者専用セミナーは参加しない方が良い

セミナーの中で特に気をつけなければならないのが、初心者専用セミナーです。
個人でやっているようなものも含めて気をつけて下さい。
中には良い物もあるかも知れませんが、確率の低いそこを狙う必要はないし、危険というものです。
私なら慣れているので飛び込んでいって、必要なものだけ正確に取り出す自信がありますが。
初心者だけを集めるその意図をくみ取って下さい。
そして初心者だけしか扱えないのならそれはそれで問題ですよね。

講師の質に要注意

もし有名な投資家の方と会いたくてセミナーに行く場合は、その人の質に注意して下さい。
というのも、端から見ていてさえ、そして最近自分で講師をしてみてより実感しましたが、
セミナー講師をすると自分の投資が凍結してしまいます。
ですから現役プレイヤーであればあるほど、セミナーばかりというのは普通できません。
そこら辺をよく考えてみてください。
最も実践家を求めないのならまた話は別ですが。

セミナーの真骨頂は懇親会です

実はセミナーの多くはセミナー自体より、セミナー後の懇親会の方に意義が大きくあります。
まず講師の方とも腹を割って様々なことを話す機会に恵まれます。
善し悪しあるにしても、セミナー講師の方は普段忙しいし、コンサル料が必要な方も多いですから、とてもリーズナブルなタイミングである点も挙げられます。

セミナーのさらに真骨頂は懇親会で知り合える仲間です

そしてさらに重要なのは、実はそこに集まる人達です。
特に良いセミナーには良い投資家が集まり、
さらにセミナーから懇親会に行く人達は意識が高いです。
こういう人達との出会いが実は一番セミナーに出る意義だと私は思います。
私も実際に幾度となく経験がありますし、救われました。
一人の講師より、そこに集まる多くの仲間ですね。
だから私もそういう場は人を繋げることに徹します。

セミナーに出ても意義が薄いこと

逆にせっかくセミナーに出てもすぐに帰ってしまう人は勿体ないです。
その後どれほどの重要な用事があるのかわかりませんが、
必ず懇親会などがあればセットで参加するつもりでセミナーには参加しましょう。
セミナーは1時間枠など時間制限があって土台そこで自分の知りたいことを知るのは無理なのです。

有料セミナーはどうか?

無料セミナーの問題点や、
出席者の意識の高さを考えると、
有料セミナーは実は必ずしも否定できません。
特にお金出してまで勉強する意識がある人達が多く選択するセミナーなら。

ただ、不動産投資と同じで、良いセミナーはやはり数が少ないと思って接して丁度良いでしょう。
中にはとびっきりに良いものもこの中には確かにありますが。
私も出席した経験があります。

逆に、有名人だからといってたくさんのお金を払っても、自分が出たものでは良いものはありませんでした。
有名人と良いセミナーとは必ずしもリンクしないものです。

プライベートセミナーは?

みんなで会場費や講師の交通費の負担をするような、
アットホームなセミナーは実は割と質が良いです。
ただし必要以上にお金をとる場合法人でやっているのとそう大差はありません。
この区別が必要です。

セミナーを使った勉強法まとめ

セミナー自体に出ることは良いことだと思います。
前回の書籍の勉強法と一緒で、普遍的な要素を特に取り出すのなら。
ただ危険もあります。
そして、セミナー後こそ真骨頂です。
セミナーが終わるとすぐ帰ってしまう人が多いですが、それではセミナーに出る意義が半減どころか絞りかすのようなものです。
セミナーに出るなら懇親会とセットで、そして仲間を見つけて下さい。
講師とももっと仲良くなれるし、よりセミナー以上の本質を理解することが可能です。

セミナー出席と仲間作りを、書籍の勉強と並行して進めると良いでしょう。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

ストレージ大家ひら

ストレージ大家ひら

様々な不動産投資を一通りやっている雑色系大家さん。始めた時から業者さんみたいと言われますが普通の大家です。投資の本質は歪みであり、トータルの利益を常に注目しています。最近の物件選定は都心回帰、新築回帰。運用目標は年24%、セルフストレージ投資も100室以上所有。